【男子ごはん】サバ缶エビ餃子の作り方|チャーハン&餃子の缶詰レシピ

男子ごはん

「男子ごはん」では、チャーハン&餃子シリーズ第16弾!缶詰を使ったアレンジレシピ2品を紹介します。

今回のメニューは、「サバ缶エビ餃子」です。

サバ缶エビ餃子

サバの水煮缶は、サバ&塩水を缶に入れて丸ごと加熱。サバのうま味が凝縮されているため、そのまま食べても料理に使ってもよい!

サバをひき肉の代わりいれて、エビと一緒に海鮮餃子にします。

材料がコチラ!(2人分)

・サバ缶(水煮)…190g
・剥きエビ…200g
・しいたけ…2個
・玉ねぎ…30g
・香菜…8g
・餃子の皮(大)…1袋
・おろししょうが…1片分
・酒…大さじ1
・オイスターソース…大さじ1/2
・片栗粉…小さじ1
・塩…小さじ1/2
・黒こしょう…適量
・サラダ油、ごま油、水…各適量

作り方がコチラ!

1.剥きエビは洗って水気を拭き、背ワタがあれば取り除く。木べらで潰す。
2.香菜、しいたけ、玉ねぎはみじん切りにする。
3.ボウルにエビ・香菜・しいたけ・玉ねぎ・すりおろしたしょうが・酒・オイスターソース・塩・片栗粉・黒古層を入れる。
4.缶汁をきったサバを入れてよく混ぜる。
5.餃子の皮の縁に水をつけ、2をスプーンでのせ、包むように半分に折ってひだを寄せながらピッチリと閉じる。
6.フライパンにサラダ油を引き、餃子を6個並べる。
7.強火にかけ、チリチリしてきたら水を加えて蓋をして中火で加熱する。
8.水分が少なくなってきたらごま油を回しかけ、裏にこんがりと焼き目を付ける。
9.焼き目を上にして器に盛る。

むきエビは潰すことで餡全体に一体感が出る!
具材は、しっかりと混ぜ合わせることで餡全体にエビのうま味が広がる!

男子ごはん

「男子ごはん」は、国分太一さんと料理研究家・栗原心平さんが登場する料理番組です。

誰でも手軽な材料で作れるメニューが人気です。

(画像出典:公式ページ)

コメント